学校運営

 1969(S44)年4月、「リマ日本語講習会」の名称のもとにペルー国リマ市にリマ日本人学校が開設され、それを契機に学校運営委員会とPTAの発足をみた。しかし、日本からの進出企業・団体・当国にある機関などに勤務する日本人駐在者の子女教育のために設立された日本人学校が、ペルー国文部省の学校教育法規のもとでは、外国人学校としての法的地位を認められることは不可能な状況にあった。
 そこで、日本人関係者を会員とする社団法人「日本文化協会(Asociacion Academia de Cultura Japonesa)」が設立され、その文化事業活動の主目的である日本語教育を行うための学園という形で、1971(S46)年6月、当国文化庁(Instituto Nacional de Cultula)の認可を得た。
 リマ日本人学校は、教育を受けるものにできるだけ日本国内の小学校、中学校と同等の内容の教育を行うことを主たる目的としている。従って、本校は、日本語で教育を行い、教育課程等教育内容については、日本国の学校教育法等教育諸法令の定めるところに準ずるものである。
 以上の設立の経緯を踏まえ、その目的に沿ってリマ日本人学校の教育を推進するために、日本文化協会内に「リマ日本人学校運営委員会」(以下運営委員会と称する)を置き、定例総会において、会員の中から選出された8名の委員、1名の監事で構成される委員会によって学校運営がなされている。
 運営委員会の任務は、学校運営予算の管理を始め、あらゆる面で教育環境を整備する事にあり、基本的重要事項については、在ペルー日本国大使館及び学校長と協議の上、適切な学校運営に当たっているが、授業の内容、方法、教職員人事については関与しないこととしている。
 学校予算は、日本文化協会負担金(法人会費)、保護者負担金(入学金、授業料、通学バス利用料等)、国庫等補助金(教員派遣費、現地採用教職員給与補助費、教科書支給費、校地費等)、海外子女教育振興財団援助金(教材教具購入補助費等)によって、まかなわれている。

リマ日本人学校の概要

設置者 社団法人日本文化協会 ASOCIACION"ACADEMIA DE CULTURA JAPONESA"
名称 リマ日本人学校
現地名:ASOCIACION"ACADEMIA DE CULTURA JAPONESA"…文化庁より専門学校として認可
所在地 住所につきましては、お手数ですが、メールにてお問い合わせください。
電話番号 001-51-1-345-2385, 345-1346/345-1344(FAX)
設置目的 ペルー在留邦人子女の為に、日本国内の小学校及び中学校と同等の内容の教育を行うことを目的とする。
理事会又は
学校運営委員会等の
名称
リマ日本人学校運営委員会
役員組織 理事長又は委員長:1名/理事又は委員:7名/監事:1名
教職員組織の概要 校長:1名(派遣)/教頭:1名(派遣)/教諭:6名(派遣)
常勤講師:1名/現地採用教員:5名/事務職員:2名/その他職員:4名
児童生徒数 36名(2016年度4月1日現在)
付属施設 屋内運動場/水泳プール:25m×6コース/バレー・テニスコート:1面/遊具等
校地面積 総面積:7,404.15㎡(校舎2,379.50㎡/運動場3,440.00㎡)
保護者負担経費 入学金、授業料、スクールバス利用料(利用される場合)、PTA会費、日本文化協会会費(個人)
※詳細はお尋ねください

様々な施設

生徒校舎

中庭遊具

芝生の運動場

テニスコート

管理棟

体育館

リマ日池

25mプール

遊具倉庫

図書室

警備塔

駐車場・バス停

教育目標

1.学校教育目標
創意工夫ある教育活動を展開することにより、変化の激しい社会を主体的に生きるための創造的な知性と情操豊かで、たくましい気力・体力を持った国際性豊かな子でもたちを育成する。
具体目標
(1)基礎学力の定着を図り、自ら学び、主体的に考える力を育成する。
(2)豊かな人間性や社会性、国際社会に生きる資質や能力を育成する。
(3)自ら進んで心身を鍛え、たくましく生きる力を育成する。

2.めざす学校像
(1)安全で活気ある学校
(2)まなぶ意欲のあふれる学校
(3)開かれた学校

3.学校経営の基本方針
リマ日本人学校は、在ペルー日本人関係者を会員とする社団法人日本文化協会が設立し、その文化事業の主目的としての日本語教育を行う学院として、ペルー共和国文化庁に認可された施設である。また、教育を受ける者にできるだけに本校区内の小学校、中学校と同等の内容の教育を行うことを主たる目的として日本語で教育を行い、教育課程等教育内容については、日本国の学校教育法等教育諸法令の定めるところに準ずるものとして日本国文部科学大臣によって認可された在外教育施設であり、以下のような方針で運営する。
(1)日本国憲法、教育基本法、及び学校教育法に則り、日本国内における義務教育に相当する教育を行う。
(2)在外日本人学校の特性を生かし、国際性豊かな児童生徒の育成に努める。
(3)小規模・少人数学級の特色を生かし、個に応じた指導を重視し、確かな学力と豊かな個性、能力の慎重に努める。
(4)児童生徒の安全を確保するとともに、心身共にたくましい児童生徒の育成を図る。
(5)教職員相互の信頼と協力、保護者、学校関係者との連携を密にし、その理解と協力のもとに学校経営の円滑化、活性化を図る。

4.教育課程編成の視点
(1)他人を思いやる心、豊かな感性、ボランティア精神、正義・公正を重んじる心、社会生活上のルールや基本のモラルなどの倫理観の育成を図る。
(2)一人一人の個性を生かす教育を充実させるとともに、社会生活を営む上で必要な基礎的・基本的な内容に教育内容を厳選し、その確実な定着を図る。
(3)知的好奇心・探求心をもって自ら学ぶ意欲を身に付けさせるとともに、論理的な思考力や判断力、表現力、問題解決力、発想力を育成する。
(4)創造性の基礎を培い、社会の変化に柔軟に対応し行動できるようにする。
(5)日本の歴史や文化・伝統に対する理解を深め、異文化の理解と国際協調の精神を培う。
(6)創意工夫を生かした特色ある教育活動を展開し、「総合的な学習の時間」の一層の充実を図る。

本校の教育

本校は、子どもたちに「生きる力」をはぐくむとともに、ペルーと日本のかけはしとして豊かな国際性と社会の変化に柔軟に対応できる能力を育てる取り組みをしていきます。
(1)基礎学力の定着と確かな学力の向上
 授業の場では子ども同士の高めあいを通して、思考力や判断力、表現力などを深めた総合的な学力を高めます。また、少人数のメリットを生かした個に応じた授業と放課後指導等を通してよりよい学習習慣を身に付けさせ、知識理解面でより確実な定着を目指します。

(2)リマソルタイム(総合的な学習の時間)
 各学年独自のテーマを決め、児童・生徒の興味・関心のもとに追求する活動を展開します。リマにある博物館の見学や日系1世、2世の方々にお話をしていただく等の協力を得て現地理解教育の成果も上げています。「調べ学習」や「体験学習」を通してまとめたものを、劇やコンピューターを利用するなどして、文化祭で発表します。

(3)現地との交流活動
 現地理解教育や豊かな国際性を育成するために、日秘友好運動会への参加や日系校との運動会や授業交流を行います。また、修学旅行を隔年実施し、現地校を訪問し日本の文化の紹介するなど交流をしています。

(4)縦割り活動
 小学部と中学部が一緒に活動を行う本校の特色をいかし、日常の活動として縦割り活動が行われています。特に集会では各学年が企画運営を行い、全員が全校児童生徒の前で話します。この体験を通して、人前で話すことになれ、自信をつけていきます。

(5)スペイン語、英会話
 国際コミュニケーション能力の育成を目指して小学部1年生から全校あげて会話を中心とした英会話及びスペイン語の授業をします。英会話は週2時間、スペイン語は週60分の授業をします。

(6)リマ日タイム
 朝15分間を活用しリマ日タイムを設け、効果的な学習活動の時間にしています。基本的には読書を行い、落ち着いた朝の始まりを迎えます。時期によっては体力作りの取組を行います。全校で同じ時間に同じ活動をし、集中力や体力を高めていきます。

沿革史

1964年 ブラント協会、吉田方明氏自宅にて学習会開始
1967年 「在リマ日本人子弟教育父母の会」結成
1969年 日本国外務省より斎藤敬郎校長・斎藤芳子教諭派遣
「リマ日本語講習会」の名称で開校
1971年 校名を「リマ日本人学校」と決定
ペルー政府文化庁から“ASOCIACION”として認可
1974年 ペルー大地震(震度7)発生、午後休校
1975年 リマ市暴動発生、戒厳令・非常事態宣言発令、3日間休校
1978年 日本国文部省より教育視察団来校
1982年 鈴木善行首相本校視察
1985年 新校舎落成記念祝賀会
1986年 防球ネット・体育館ステージ設備完成
1987年 監視塔設置(屋上・校庭隅)
1988年 開校20周年記念式典、記念誌「アンデス」発行
1990年 社会科副読本「コノスカモスペルー」作成
中庭に屋外遊具(ブランコ等)設置
1991年 テロ活動激化のため、3段階フレックスタイム制採用
校庭金網増設、鉄柵門設置
1995年 フレックスタイム制廃止
1997年 MRTA日本大使館公邸人質占拠事件発生、3週間臨時休校
バレーボール・テニスコート完成
1998年 開校30周年記念式典
1999年 日本人ペルー移住100周年記念式典参加
2000年 インターネットの本校ホームページ開設
中南米校長会リマ市にて開催
2001年 体育館付帯設備改修
2002年 プール関連施設改修工事完成
2003年 管理棟補強工事完成
2005年 フェンス嵩上げ工事・飛散防止フィルム貼り付け工事実施(海外子女教育振興財団安全対策援助事業)
2006年 校門外駐車帯舗装工事完成
プールサイド改修工事完成
2008年 開校40周年式典
40周年記念誌「アンデス」発刊
2011年 教室棟・管理棟・体育館内部補修工事完成
2014年 秋篠宮同妃両殿下来秘、歓迎行事に参加
ホームページ全面改訂

校長の部屋

校歌

南米の空 風さわやか
ここに学ぶ ぼくら 日本の子ども
声高く ほおあかく
ああ ぼくたちの 学校に
光はあふれ 競うよ力を
リマの明るい 太陽と

連なる砂丘 かげおとし
くずれのこるかげよ インカの遺跡
今もなお ひそやかに
ああ 命のものがたり
はなしかけるよ さけぼうよ 希望を
とわに かがやく アンデスに

世界に続く 海よ 空よ
手と手をつなぎ みんなで橋をかけよう
かぎりなく たゆみなく
ああ ぼくたちの 旅立ちに
未来は輝く 歌おうよペルーに
明日の緑の 空高く

本校職員・警備員

校長:1名(派遣)  教頭:1名(派遣)  教諭:6名(派遣)  常勤講師:2名  非常勤講師:5名  事務職員:1名  その他職員:4名

学校だより

ペルーを知ろう

VAMOS A CONOCER EL PERU(ペルーを知ろう)
このコーナーでは、リマ日本人学校の児童生徒がリマソルの時間を通して、ペルーについて
調べてきたことなどを紹介します。ペルーについて知り、ペルーを好きになってください!

児童生徒の声

リマ日本人学校で学んだ児童生徒や在校生からのメッセージ

現在募集中です。お待ちしています!

2014年度
中学部3年
男子
たくさんの行事!!英語・スペイン語が勉強できる!小学生も中学生もみんなで遊べる学校!
リマ日本人学校をヨロシク!!
2014年度
中学部2年
女子
英語やスペイン語の授業がとても分かりやすく、一人ずつに解説をしてもらうことができてとても良いと思います。
2014年度
中学部2年
男子
現地校の生徒たちとの交流があり、ペルーの文化を知ることができます。
また、ペルーの文化を知ることで改めて日本の文化を知ることができました。
2014年度
中学部2年
女子
人数が少ないですが、全員兄弟や姉妹のようにな今日、楽しく遊べます。
1人1人の個性が生かせる場面が多いところもよいと思います
2014年度
中学部1年
女子
学年関係なしにリマ日本人学校のみんなが1つになって行動できることは、リマ日本人学校のとても素晴らしいところだと思います。
2014年度
中学部1年
男子
休み時間に芝生のグランドで小学部から中学部まで一緒に仲良くサッカーができてとても楽しいです。
2014年度
中学部1年
男子
小学1年生から中学3年生まで仲良く遊べます。
少人数で勉強をみっちり教えてくださいます。
2014年度
中学部1年
女子
全校生徒が仲良く、日本では経験できな行事が多いところがいいです。
2008年度
小学部6年
男子
ぼくは5年生の2学期からこの学校にいましたが、リマ日校はみんな仲が良くすばらしい学校です。
これからも日本とペルーの架け橋としてがんばっていきたいと思います。
2008年度
小学部6年
男子
ぼくは1年生のときからリマ日本人学校にいました。
思い出のたくさん詰まったこの小学部を卒業して、中学部でも一生懸命頑張りたいと思います。
2008年度
中学部3年
男子
私は、約9年間この学校にいましたが、とてもすばらしい思い出であふれています。
特に、運動会での応援合戦が心にのこっています。今までになかったものを作るのは難しかったけれど、はちまきを使って表現したリマの太陽「リマソル」が大評判だったのでよかったです。一生残る、思い出となりました。
2008年度
中学部3年
男子
たった1年でしたが最高の1年を送ることができました。
日本へ行ってもこのリマ日校の思い出は一生心の中にあります。「遠く離れていても、心はひとつ!」
2007年度
中学部2年
女子
私はリマ日校に約4年間いましたが、この4年間は楽しい思い出でいっぱいでした。
リマ日校は、みんなが仲良くて、いつも協力し合える素晴らしい学校です。
私はこの4年間で得たものを一生忘れません。
2007年度
小学部3年
女子
リマ日校に来て、私より年下や年上のお友達がたくさんできたことがよかったことです。
2007年度
中学部2年
男子
リマ日校にはたくさんの楽しい行事があります。
勉強は他の学校と違って、先生方がいつも丁寧に勉強を見てくれます。
僕の夢はアメリカに留学してNASAに行くことです。これから先、つらい時や苦しいときも出てくると思いますが、リマ日校の仲間の笑顔が僕の心の支えになってくれることでしょう。
2007年度 中学部卒業生
女子
私は5年ぐらいリマ日本人学校で勉強しました。この5年間でたくさんの友達ができました。
そして、新しい経験もして、たくさんのいい思いでもできました。
リマ日校の生徒数は少ないけど、みんなとても仲がいいです。
この学校を去るのは悲しいけど、将来に向かって頑張ります。
2007年度 小学部卒業生
女子
この学校に来て、仲間と「協力」することを学びました。仲間と協力すれば、どんなことでも上手くいきます。
仲間と協力することの大切さ、この学校で学べてよかったです。
2007年度 小学部卒業生
男子
僕がこのリマ日校に来て学んだことは「仲間を信じると必ず自分が満足いく結果になる」ということです。
文化祭などを通してこのことを学ぶことができました。日本ではできない経験もできました。